エンターテインメントという殻が守った真の軍事機密

フェイクニュース/電子情報技術革新のスピードが民生分野以上に速いのが各国の軍事部門であり、武器制御はもちろん戦況のモニタリング、ひいては戦略立案にいたるまで自国の優位性保持のため、各国は日夜開発を続けている。
これらは普段全て誰の目にも触れることなく進められているが、裏を返せばサイバー攻撃にさらされ流出する危険性をはらむ。
ついにこの青森でも先日、他国との衝突可能性を想定し火器配置と戦況をサイバーシミュレートした動画が流出した。
動画によるとシミュレートされている衝突は、無慈悲にも私たちがこよなく愛するものが大量に戦地に送り込まれ、その上地形まで変えてしまうほどの大規模な攻撃、という内容となっている。
モニタ上で戦略が進行すると考えられる現代戦の模様を想定しながら、この流出動画を見てほしい。

社会
恒例の南京錠撤去作業/青森ラブリッジ

フェイクニュース/青い海公園から八甲田丸までの海上を結ぶ歩行者専用橋「青森ラブリッジ」で、橋の欄干に …

社会
4月1日よりサマータイム導入/青森市

フェイクニュース/2009年4月1日、青森市は国内で60年ぶりとなる本格サマータイムを実施する。 サ …