4月1日よりサマータイム導入/青森市

フェイクニュース/2009年4月1日、青森市は国内で60年ぶりとなる本格サマータイムを実施する。
サマータイムにより、青森市は日本標準時(JST)より1時間、協定世界時より10時間早まる。
これは、協定世界時から9時間早い地域の中で、東北・北海道は太陽の昇るのが早いことから、地域全体で光熱費低減を図るため、寒冷期を除いた夏季のみ時差を導入することを青森BLOG協議会が提唱したことによる。
サマータイムにより光熱費の低減が見込まれる一方、同協議会の理事は「韓国との姉妹都市交流が時差により不利になる」と懸念する。
交流先の韓国は1時間遅い時制になるため、青森側は相対的に1時間早く起きることになるので、懇親会での飲酒交流では先につぶれるのでは、という懸念を示した。
しかし別の同協議会員からは「市外に飲みに出ると時計が1時間遅れるので、帰宅が遅れた言い訳を作りやすい」という声もあがっており、サマータイムの評価には暫く時間がかかりそう。

社会
エンターテインメントという殻が守った真の軍事機密

フェイクニュース/電子情報技術革新のスピードが民生分野以上に速いのが各国の軍事部門であり、武器制御は …

社会
恒例の南京錠撤去作業/青森ラブリッジ

フェイクニュース/青い海公園から八甲田丸までの海上を結ぶ歩行者専用橋「青森ラブリッジ」で、橋の欄干に …