文化・生活一覧

【特集】開発秘話/各家庭に1台の貝焼き味噌板

フェイクニュース/青森県津軽地方の伝統郷土料理として知られる貝焼き味噌は、いまなお家庭の食卓に馴染み深くなっている。
その嚆矢となったのは現在青森市の家庭の台所に一家に1.1台(青森BLOG協議会調べ)と広く普及している「貝焼き味噌板」の存在が欠かせない。
今日はこの貝焼き味噌板のルーツを紹介したい。

ルーツ

貝焼き味噌は元々、ホタテ漁師たちの間での隠れたメニューとして、取れたてのホタテ貝を貝殻のまま焼いていたものが普及したと考えられている。
しかし一食に一枚の貝殻を使用する製法は、即興性が高いものの熱効率に優れないというデメリットがあり、家庭への普及へのネックとなっていた。
そこで戦前開発されたのは、たこ焼き鉄板の凹面が広く浅いタイプの鉄製「貝焼き味噌鉄板」であった。
鉄板を使用した場合はホタテの殻使用に比べ、熱効率と大量生産に優れる反面、「ホタテの殻の出汁(だし)がない」と漁業関係者や料亭など専門家の間では不評であった。
さらに第二次世界大戦中の鉄製品供出により、鉄製の貝焼き味噌板は消滅しかかっていた。ところが戦時中の制約という特殊な環境が、現在の貝焼き味噌板を生むこととなる。

ピンチがチャンスに

戦時中の金属製品供出により、アイロンや貨幣までも陶器にとって変わったこの時期、鉄製の貝焼き味噌板も例外ではなかった。
ところが代用品として開発された陶器の貝焼き味噌板は土鍋同様蓄熱に優れ、また帆立の貝殻を加えた同品は、貝殻の出汁というこれまでの貝焼き味噌板の根本的問題を解決した。
さらに偶然の産物として、貝殻を加えた陶器は耐熱性・耐久性に優れるというメリットも加わった。
こうして戦時中の制約下で生まれた「帆立セラミック貝焼き味噌板」は爆発的に普及し、現在の青森貝焼き味噌王国の基礎を生んだ。
当時の関係者は語る。「そのときは時節柄、暗中模索で貝焼き味噌の将来も見えなかったが、こうして青森の人たちが今おいしい貝焼き味噌を食べていることに幸せを感じる」


「ラッセル車」の語源論争に終止符

フェイクニュース/青森BLOG協議会は4月1日、独自に「ラッセル車」の語源の調査を完了し、かねてより論争となっていたラッセル車の語源問題に終止符を打った。
同協議会の調査により新たにベイブリッジ大学で発見した書簡によると、ラッセル車の語源はねぶた祭りの跳人の掛け声「ラッセラー」に由来するという。
発見された書簡の内容は次の通り。

第一次世界大戦さなかの1917年冬、大英帝国軍事顧問のケンジントー卿は、積雪寒冷地での輸送路確保の可能性を検討するため、日英同盟の同盟国で最も積雪のある当時の日本に視察に赴いた。
同氏は開通間もない東北本線で目的地である青森に向かい、鉄路の排雪状況を視察した。しかし有数の積雪地青森でも鉄道の歴史浅く満足出来る結果は得られず、調査した数日は成果の無いものに終わろうとしていた。
失意の中帰郷のため青森を出発しようとした同氏は、街角でとある光景に出会った。
子供たちが並んで雪かきをしている姿である。
子供たちは「ラッセラーラッセラ」と掛け声を上げながらそれぞれの雪べらを押し雪を掻き分け歩道を広げていた。
その掛け声は青森ではねぶた祭りのハネトの声として馴染み深いものだが、同氏にとって耳新しいその掛け声は雪掻きを表すものとして耳に残るものとなった。
こうして同氏は青森でラッセル車の着想を、その語感「ラッセラー」とともに得ることが出来、帰郷後程なくラッセル車の開発は実行に移された。


全日本米粒写経選手権で青森市代表が連覇

フェイクニュース/2009年4月1日、第2回全日本米粒写経選手権が青い森アリーナで開催され、青森市代表の黒部卓さん(32)がつがるロマン1粒に37文字を書き上げ優勝した。

昨年の第1回大会も青森市代表が優勝したことから、今年は連覇を狙うこととなる青森市にとっては予選の青森大会から白熱した。
全日本よりハイレベルと言われる青森大会を勝ちあがり今回の代表となった黒部さんは、期待通りの全日本での優勝に「青森の米粒写経の層の厚さを証明できてうれしい。この優勝を青森中の写経師に捧げたい」とほっとしたようだ。
青森市代表のあまりの強さに他代表チームからは「明らかにカシスの差。カシスを禁止薬物に指定して欲しい」と関係者に迫る一幕も見られた。